損しない建物修繕3つの法則
損しない建物修繕の3つの法則とは?

■ CONTENTS


団体概要・沿革
理事長からのメッセージ
業務内容
建診協のメリット
中国・四国支部の活動内容・実績
山口実の編・著書
セミナー等情報

 

■ 理事長山口実の著書


すぐに役立つ「マンション管理ガイド」
すぐに役立つマンション管理ガイド
日経アーキテクチュア刊
定価
 ¥2,000 -

送料は建診協負担!

申し込みはこちら

マンション給排水の知識101
マンション給排水の知識101
財団法人経済調査会刊
定価
  ¥3,500 -

送料は建診協負担!

申し込みはこちら

その他を見る

 

■ 建診協東京本部へのリンク


ADoC本部
建診協本部はこちらから

団体概要・沿革

建物診断設計事業協同組合(略称:建診協)とは?

 

設計事務所の集団です。

国土交通省の認可を受けた協同組合です。

一般の企業や団体等から独立している集団です。

建物診断・改修設計・維持保全の専門家集団です。

意匠・構造・設備・積算・コンサルタント・木造検査等、各専門分野を手がけている
  専門家が集結しています。

机上の論理よりも現場です。ですから、実務家集団でいたいと考え、実行しています。

何よりもユーザーの立場に立ちたいと思っています。

維持保全で得た経験・知識・データは、新築時における設計にフィードバックします。

設計とは、オーナーが持っている潜在的ニーズを顕在化させることだと思っています。

成熟社会に移行しようとしている日本で、建設ストックを大切に、健全に育てていきます。

私たちは、建物の「生みの親」より「育ての親」になり、さらに「生んで育てる」ことを目指しています。


建診協の略称は ADoC です。
ADoC(adoc)=Architectural-Doctor Co-operative Association

 

名称

建物診断設計事業協同組合

本部所在地

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-6
山城第三ビル 74号室

認可期日

平成8年8月8日(旧建設省)

設立登記

平成8年11月11日

出資総額

500万円

加入組合員

34社(平成18年4月1日現在)

事業内容

1.建物改修ならびに維持保全に関する調査・診断
   ・設計監理業務等の共同受注及び受注斡旋
2.建物改修ならびに維持保全に関する報告書、計
   画書及び図面等の共同作成
3.共同宣伝及び市場開拓
4.経営及び技術の改善向上又は知識の普及を図る
   ための教育及び情報の提供
5.その他

代表理事

山口 実

支部の設置

本部(東京)・首都圏
北海道支部(札幌)
東北支部 (仙台)
中部支部 (名古屋)
関西支部 (大阪)
中国・四国支部 (岡山)
九州支部 (福岡)
沖縄県支部 (那覇)

 各支部の組織はこちらをご覧下さい。

建診協は発展中!